医療脱毛とエステサロン脱毛の違い

  • 運営者
  • 2017.1.11
  • 未分類
  • 医療脱毛とエステサロン脱毛の違い はコメントを受け付けていません。

ムダ毛のお手入れムダ毛のお手入れの方法には、カミソリ・毛抜き・除毛クリームなどでの自己処理、エステサロンでの脱毛、医療脱毛があります。
自己処理は肌を傷つけて黒ずみやブツブツができることがあるので、エステサロンや医療機関でプロにお手入れをしてもらとよいでしょう。
プロなら肌の状態を見ながら、適切に脱毛をしてくれます。

では、エステサロン脱毛と医療脱毛は何が違うのでしょうか。
大きな違いは使用している脱毛機です。
多くのエステサロンでは光脱毛機を使用しています。
光脱毛にはIPL脱毛とSSC脱毛があります。
IPL脱毛は、黒い色素に反応する光を使用した脱毛方法です。
光を照射すると毛が熱エネルギーを吸収して、毛根がダメージを受けて自然とムダ毛が抜け落ちるようになります。

SSC脱毛は、抑毛成分を配合したジェルとライトを使用します。ジェルを肌に塗ってその上からライトを照射すると、ジェルの成分が肌に浸透します。ジェルの成分とライトの働きで毛根を弱らせて、自然と抜け落ちるように促します。

医療脱毛ではレーザー脱毛機を使用します。レーザー脱毛機は仕組みはIPL脱毛と同じです。IPL脱毛と違う点は出力が高いことです。出力が高いとその分脱毛にも高い効果が期待できます。出力が高いと高温が発生してやけどをする心配がありますが、医療機関なので医師が常勤していて、万が一のことがあってもすぐに対応ができます。医師以外が医療行為をしてはいけないので、エステサロンでは万が一のことがあった場合にすぐに対応ができません。