医療脱毛は効果が高い

医療脱毛とエステサロン脱毛は、効果がまったく違います。エステサロンでは、長期的な効果がある脱毛をしてはいけないと法律上決められているので、永久脱毛ではありません。資格を持たないエステティシャンでも扱える光脱毛機を使用しているので、出力が低く高い効果は期待できません。何度か脱毛を繰り返すことでムダ毛が細く目立ちにくくなりますが、何年かすればまたムダ毛が目立つもとの状態に戻ります。もとの状態に戻ったら、再度脱毛を受けなければなりません。

脱毛でツルツルの身体医療脱毛は永久脱毛です。(関連サイト:医療脱毛の札幌中央クリニック
レーザー脱毛機は出力が高く、毛の製造工場から破壊します。
永久脱毛とは脱毛終了から1か月後の毛の再生率が20%以下のものをいいます。
20%は毛が再生する可能性がありますが、つるつるな状態が維持されます。

出力が高く効果が高いので、医療脱毛は強い痛みを感じます。
しかし、近年ではほとんど痛みを感じないレーザー脱毛機器を導入しているクリニックも増えてきています。
また、どうしても痛みを感じてしまう場合は麻酔を使用して痛みを軽減することもできます。

毛には毛周期があり、レーザー脱毛機が作用するのは成長期の毛です。
全身には成長期・退行期・休止期の毛があり、毛が成長してきた段階で何度か施術を受けます。
医療脱毛は効果が高いため、5~8回通えば脱毛が終了します。エステサロンの場合は、2年以上かかることがあります。

医療脱毛は医師の診察が受けられる

医療脱毛は医師の診察を受けることができます。医師の診察の前に、看護師によるカウンセリングを行っている医療脱毛もあります。カウンセリングでは、脱毛の仕組みや脱毛のプランなどの説明をします。あらかじめ看護師から脱毛の仕組みなどを説明してもらうことで、医師の診察がスムーズになります。

診察では脱毛の不安や悩みなどを何でも医師に相談ができます。エステサロンでもカウンセリング時に、脱毛の不安や悩みを相談できます。しかし、医師ではないので専門的な知識に乏しく不安が残ります。一方肌のことについて詳しい医師なら、信頼できて安心感があります。気軽に相談ができるので、脱毛の不安や悩みを解消しておきましょう。不安などを解消しておくことで、脱毛のトラブルを防ぐことができます。

看護師医療脱毛は肌の状態を見ながら丁寧に行いますが、赤みがでることがあります。
赤みはすぐ引きますが心配な方もいると思います。
医療脱毛では、医師が診察をして薬を処方することができます。
薬の処方は医師がするものなので、エステサロンではできません。
専門的な知識がある医師が診察をして、適切な薬を処方してくれれば、万が一赤みが出た場合でも安心できます。
診察をしたら初回の照射日の予約をします。
都合に合わせてプランを立ててくれます。

 

医療脱毛とエステサロン脱毛の違い

ムダ毛のお手入れムダ毛のお手入れの方法には、カミソリ・毛抜き・除毛クリームなどでの自己処理、エステサロンでの脱毛、医療脱毛があります。
自己処理は肌を傷つけて黒ずみやブツブツができることがあるので、エステサロンや医療機関でプロにお手入れをしてもらとよいでしょう。
プロなら肌の状態を見ながら、適切に脱毛をしてくれます。

では、エステサロン脱毛と医療脱毛は何が違うのでしょうか。
大きな違いは使用している脱毛機です。
多くのエステサロンでは光脱毛機を使用しています。
光脱毛にはIPL脱毛とSSC脱毛があります。
IPL脱毛は、黒い色素に反応する光を使用した脱毛方法です。
光を照射すると毛が熱エネルギーを吸収して、毛根がダメージを受けて自然とムダ毛が抜け落ちるようになります。

SSC脱毛は、抑毛成分を配合したジェルとライトを使用します。ジェルを肌に塗ってその上からライトを照射すると、ジェルの成分が肌に浸透します。ジェルの成分とライトの働きで毛根を弱らせて、自然と抜け落ちるように促します。

医療脱毛ではレーザー脱毛機を使用します。レーザー脱毛機は仕組みはIPL脱毛と同じです。IPL脱毛と違う点は出力が高いことです。出力が高いとその分脱毛にも高い効果が期待できます。出力が高いと高温が発生してやけどをする心配がありますが、医療機関なので医師が常勤していて、万が一のことがあってもすぐに対応ができます。医師以外が医療行為をしてはいけないので、エステサロンでは万が一のことがあった場合にすぐに対応ができません。